ハムスターに嫌われない6つのポイントと嫌われた時の残念なサイン!

フワフワでモコモコ。ちっちゃくてまんまる。どうやったらこんな可愛い生き物に進化できるのか。

ご飯を食べてるだけで、回し車で走っているだけで、あふれ出る可愛さをとめられません。そうです、ハムスターです。

ペットセンターなどで売られているハムスター。初期費用があまりかからず、犬猫不可のマンションやアパートでも飼えるハムスターは、今一人暮らしの女性に人気急上昇中です。

そんなハムスターですが、実は意外となつくにはコツがいるんです。一度嫌われてしまったら二度となついてくれない、なんてことも??

一人暮らしの癒しとしてハムスターを飼いたいと思っているあなた!

この記事では、そんなあなたのために、小学生時代から20年以上ハムスターを飼い続け、最長5年生きた子もいる私が、ハムスターに嫌われないための方法をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

ハムスターに嫌われない方法

ハムスターがなつくためには、ペットセンターから購入してきたその直後から勝負は始まっています。

最初に失敗してしまうと、ハムスターがなつくのに時間がかかってしまいますので、注意してくださいね。では、方法と手順をお伝えします。

お迎えしたその日から一週間はハムスターとの接触を避ける

ハムスターを購入すると、最初は紙の箱に入れてくれることが多いです。その箱を開ける前にまず、ケージをハムスターが住める状態にしておきます。

そして、ケージの中に箱を入れてそっと開け、ハムスターが自分から出てくるのを待ちます。

このときすでに、ハムスターは知らない世界に不安がいっぱい。他の生き物の気配があると怖がってしまいます。なので、ケージに薄いタオルなどをかけて、周りがあまり見えないようにしてあげます。

それから一週間は、最低限の水とエサ箱を毎日取り換える以外のことはしません。ハムスターに姿を見られないよう、ハムスターが寝ている朝方にそっと行います。

この方法で待ち切れずにハムスターに触るなどのちょっかいを出すと、「なんか怖いやつ!」というイメージがついてしまい、ハムスターに嫌われる可能性がありますので、我慢しましょう。

一週間後、トイレ掃除はビニール手袋使用

慣れてくるとトイレ掃除も毎日するのですが、最初の一週間はハムスターが慣れてくれるようになるまでトイレは一切触りません。一週間後、初めてお掃除をすることになります。

しかし、ハムスターにとって、自分のテリトリーに他人のにおいがつくことは嫌なことです。そして、その匂いがあなたのにおいなら・・・。

ハムスターはあなたのにおいを「嫌なやつのにおい!」と思うかもしれませんよね。なので、掃除は必ずビニール手袋をして、あなたのにおいがつくのを極力防ぎます。

ハムスターが外の世界に興味を持つまで我慢

ハムスターは元々好奇心が旺盛な生き物で、ケージの中になれてくるとケージの外が気になりだす時期がやってきます。

その時が、ハムスターとの出会いのタイミングです。ケージの中を遠慮なく動き回るようになって来たら、ケージにかけていたタオルなどを外し、ハムスターがなんとなくあなたを認識できるようにしておきます。

だんだん、あなたが近くにいても気にせずにうろうろするようになってきますし、ケージ越しにあなたをじっと見ることもあるでしょう。

大好きなおやつは手渡しで

この方法はハムスターがあなたになつく近道です。大好きなおやつをくれる手のにおいを覚えれば、自然とあなたのにおいを好きになってくれます。

どんなおやつが好きかには個体差がありますが、プロテイン系やミルワーム系のおやつや茹でて冷ましたブロッコリーやブロッコリースプラウトを好きな子は多いですよ。

手のひらに乗ってくるまで触らない

そのうち、あなたの手に興味を示して自分からよじ登ってきたり、乗っかってきたりする日が来ます。ここまでくるともうほとんど慣れたといっていいでしょう。

あとは手の上で大好きなおやつをあげていれば、そのうちなつく日が訪れます。大事なのは、焦らないこと。一度嫌われるとまた1から関係を作り直さなくてはいけなくなりますよ。

声かけは必須!優しく、ゆっくりした口調で

おやつをあげるとき、手のひらに乗せるとき、エサなどの世話をするとき。

これらの時に大事なのは無言でしないこと。優しくゆっくりした口調で声掛けしながらすることが大事です。

こんな時には注意!気を付けるべきサインとは?

ハムスターからなつかれるどころか、嫌われているという残念なサインがあります。

もしハムスターが今からお教えするようなサインを見せたなら、あなたのハムスターへの態度を考え直す必要があります。

ジジッ!と声を上げる

これはハムスターが怒っていたり、嫌なことがあってパニックになったときに上げる声です。

あなたが何かをしたことでジジッ!っと鳴いたなら、即座にその行為を中止し、ハムスターから離れましょう。

ひっくり返ってお腹を見せる

犬や猫の場合、これは飼い主に対して好意的なサインなのですが、ハムスターの場合、これは恐怖でパニックになった時や威嚇するときの行動です。

ジジッ!と鳴いた時のように、すぐにハムスターから離れて落ち着かせてあげてください。

鋭い痛みを感じるくらい強く噛む

我儘なハムスターの場合、エサや外に出してもらうための催促のつもりで軽く噛む子はいます。ほかにも、手の汗からミネラルをとろうとしてぺろぺろと舐めたうえでかじる子もいます。

しかし、血が出てたり、血が出そうなくらいに強く、思いっきり噛んだなら、それはハムスターにとって決死の抵抗です。よっぽど嫌なことがない限り、ハムスターはそこまで強く噛みつきません。

もしそれほど強く噛まれたなら、相当嫌われている可能性があります。今一度なついてもらう方法を確認し、対応を考え直しましょう。

まとめ

いかがでしたか?ハムスターがなつく方法は、ハムスターをモフモフしたい飼い主にとっては我慢の連続です。

ですがハムスターの立場からすると、自分よりも圧倒的に大きなよくわからない生き物(人間)に触られたり持ち上げられたりすることって、とても怖いことなんです。

ハムスターに「この人(手)は僕に危ないことはしない」と信用してもらわないといけません。

なつくとハムスターはとても無防備です。我が家のハムスターはこの方法で、すっかり人になつくハムスターになって、手のひらや膝の上で寝たり、ケージのド真ん中でお腹丸出しでグーグー寝たり。

私が帰宅するとエサほしさからか巣箱から飛び出してきてケージ越しに駆け寄ってきますよ。この方法を使って、あなたになつくハムスターとの癒しの生活を始めてみませんか?