初心者がジェルネイルにセルフで挑戦するときに用意するものとは?

ジェルネイルって、デザインが可愛いものも多くて憧れますよね。気になるジェルネイルですが、いざネイルサロンで施術してもらおうとすると、結構お金がかかっちゃいますよね…。

そうですよね。おしゃれをして可愛くなるためのジェルネイルですから、ちゃんと調べずに後から後悔したくないですもんね。

そこで試してみたいのが、セルフのジェルネイルです。実は私も、セルフジェルネイルを楽しんでいる一員なんです。

最初は何から始めればいいのか分かりませんでしたが、今では毎日可愛い爪と生活して、好きな時にデザインを変えられて幸せですよ!

この記事では、セルフジェルネイルを楽しんでいる私から、必要なものなどをご紹介していきます。

初心者でも可愛く出来る!用意するもの6選

1.ネイルファイル

まずは爪のお手入れから始まります。爪切りは爪を傷めてしまうため、ネイルファイルで削っていきましょう。

使用するネイルファイルは粗目の180~240グリッドで、長さや形を整えます。

(出典:nail_town.shop

100グリッドなど、もっと目が粗いものはオフする際に使うもので、自爪を整えるのには向かないので気をつけましょう。

爪にパーツを乗せたりデザインしたい場合は、そのスペースも十分確保して、切りすぎないように気をつけて下さいね。

2.プッシャー

次に甘皮処理をしていきます。

View this post on Instagram

✴︎ 先日のインスタライブの仕込みの時に施術した、 右手薬指のケア💓 ・ ・ ・ 甘皮周りがかなり薄くて べったりと張り付いているタイプのモデルさんでした! (このタイプのケアの仕方はセミナーで詳しくご説明してます💕) ・ ・ ・ いつもケアしてもらうと出血してしまうそうです💦 ・ ・ ・ プッシャー でも出血しそうなくらい薄かったので、 押し上げすぎず、キューティクルも残してケアしました💅💕 ・ ・ ・ 特に薬指は、 他の指先とちょっと違って 視覚視神経をはじめとする視神経を司っていて 5本の指の中で 1番弱い指でもあります⚠️ ・ ・ ・ なので、プッシュアップでも、1番痛みを感じやすいですし、出血もしやすいです😱💦 ・ ・ ・ マッサージ等で刺激しすぎると、交感神経が働いてしまい、カフェインを取りすぎた時の状態のようになるので、 サロンワークの時は リラックスして頂きたいので 薬指の根元の指圧は避けてしてます💅 ・ ・ ・ 指によってこんな風に違う特徴があります☺️💕 ・ ・ ・ ・ ********************** ・ 明日からサロンワークに役立つ! 【ネイルケアセミナー】 (オリジナルテキスト付き) ・ 次回の日程 ・ ・ ・ ◆2019年6月18日(火) ネイルパートナー恵比寿店さま🈵 ・ ・ ・ ◆2019年7月23日(火) ネイルパートナー新宿店さま ❤️お申込み受付中❤️ ・ ・ ・ ************ ********** ・ ・ ・ #ネイル #ネイルパートナー #ケアセミナー #ニッパーハンドリング #ネイルケア #地爪育成 #小笠原友紀子 #仙川 #甲油膠 #美甲 #美爪 #指甲 #指甲油 #ハンドケア #甘皮処理 #甘皮ケア #ネイルサロン #nail #nailart #naildesign #ナチュラルネイル #キューティクルケア #ネイルケアセミナー #ネイルセミナー #ネイルセミナー東京 #セミナー #ハードスキン #ネイル動画 #セルフネイル

A post shared by 🌸ネイリスト小笠原友紀子🌸 (@yukiko_ogasawara63) on

(出典:yukiko_ogasawara63

まず、お湯に指を5分つけて甘皮を柔らかくします。お湯から指を出したら、プッシャーで甘皮を押し上げていきます。この時、強く押しすぎないよう気をつけて下さいね。

プッシャーがない場合は、ウッドスティックにコットンを巻き付けたものでも代用可能です。優しく、自爪を傷めないように押し上げるのがポイントです。

もしも甘皮処理をせずにジェルネイルをすると、甘皮にジェルが乗ってしまい、剥がれやすいネイルになってしまいますので、甘皮は必ず処理するようにしましょう。

3.コットンや綿棒

今度は、爪の汚れや油分をコットンで取っていきます。爪の付け根など、コットンで届きにくい部分は綿棒で拭き取りましょう。

この際、コットンや綿棒にエタノールを染み込ませると効果的です。先程処理した甘皮が残っていたりするので、しっかり拭き取ってくださいね。

こちらも甘皮と同様、汚れが残っているとジェルが取れやすくなってしまいます。しっかり拭き取っておきましょう。

4.ジェルネイル

いよいよ、主役のジェルネイルの登場です!

(出典:maata_5784

ベースコートジェル、カラージェル、トップコートジェルの3種類のジェルネイルが必要になります。この3つについて、塗る順番に説明していきますね。

ベースコートジェル

カラージェルを塗る前に、まずはベースコートを塗ります。ベースコートやトップコートを塗るのは、マニキュアとも同じですね。

カラージェル

お好きな色のカラージェルを塗りましょう。パーツを乗せる際は、カラージェル(2度塗りしたい方は2回目)を塗った後に、パーツを乗せます。

トップコート

カラージェルを硬化させた後、トップコートを塗ります。ぷっくり感を出したいときは、トップコートも2度塗りしましょう。

5.筆

筆のついていないジェルを使う場合、ネイル用のブラシが必要になります。

また、ドットやデザインアートをしたい場合は、ペン先が丸くなっていてワンタッチで点をかけるものもおすすめですよ。

6.UVライト

先程ジェルネイルについてお伝えしましたが、ジェルを塗る都度硬化させるために必要なのが、UVライトです。

私も愛用している、120秒タイマー付きのUVライトはとっても便利でおすすめですよ。

>> 「【安心の3カ月保証】【分かりやすい日本語取扱説明書付】ジェルネイルにもレジンにも手芸にも使える36WハイパワーUVライト」

1度につきだいたい60~120秒間硬化するので、120秒タイマーで硬化させると、時間を計る手間も省けます。

120秒経過すると自動でライトが消えるので、必要以上に電気代を使ってしまうことも防げますね!

硬化後、べたつきが気になる場合はエタノールで拭き取ると解決しますので、ぜひお試しください。ちなみに私は、消毒用のアルコールをティッシュにプッシュして使っています。

どのタイミングで硬化をしたらいいのか分からない方のために、硬化のタイミングをまとめておきますね。

  1. ベースコートジェル→硬化
  2. →カラージェル(1度塗り目)→硬化
  3. →カラージェル(2度塗り目)→パーツを乗せる→硬化
  4. →トップコートジェル→硬化

このような流れになります。

せっかくの可愛いネイル。綺麗に長持ちさせる方法とは?

可愛く仕上がったネイルが、すぐダメになってしまっては悲しいですよね。そんなトラブルを予防するためにも、爪の保湿は欠かさないようにしましょう。

爪はとっても乾燥に弱い部分です。普段から使用するハンドクリームは、手に塗るついでに爪の隙間に塗り込むことも意識してみましょう。

また、ネイルキューティクルオイルを使用するのも効果的です。

ネイルサロンで施術を受ける際にも、爪の付け根を中心に塗布してくれるものです。マニキュアのような形で、ハンドクリームよりも手軽に塗りやすいのが良いですね。

まとめ

ジェルネイルは、セルフでも手軽に楽しめます。

(出典:lapismisato

今回ご紹介した道具を揃えてしまえば、次回からはすぐに好きなジェルネイルが始められます。
ぜひ、セルフジェルネイルデビューしてみてくださいね。