小学生がリビングで勉強に集中できるレイアウト例!最適な配置・机は?

子供が小学生になると、送り迎えやお弁当がなくなります。手が離れて少し寂しい…と思いきや、宿題という大きな課題が増えるんですよね。

私の子供はまだ小さいのですが、小学生の子供を持つ友達の話によると、毎日のように宿題をみるのが本当に大変とのこと…。

特に低学年の子の場合は、自分の部屋で1人で宿題をやるというのは難しいですよね。

そこで、リビングで一緒にやろうとしても、テレビやゲームに気を取られてなかなか集中してくれない…そんな悩みはありませんか?

高学年になってから困ることがないように、今のうちから自ら進んで勉強する習慣をつけておきたいですよね。

そこで今回は、友達の経験談を元に、リビング学習に最適なお部屋のレイアウトをご紹介します。

毎日の宿題に頭を悩ませているママへ、少しでも力になれたら嬉しいです。

リビング学習の大敵はテレビ!集中して勉強できるレイアウト例

テレビは、多くの家庭のリビングに置いてあると思います。宿題をするときだけ片付けたいと思っても、それは現実的ではありませんよね。

ゲームやおもちゃは片付けられるけど、テレビはずっと同じ場所にあります。子供がテレビに気を引かれてしまうのは仕方のないこと。

では、どうしたらテレビに気を引かれずに、宿題に集中できるのでしょう…?

リビング学習用の机を配置するときの大きなポイントは2つです。

背後に人の気配を感じないこと

部屋にいる人の様子が見えるのはOKですが、背後に気配を感じるのはNG。

背後から物音が聞こえたら、振り向いて何の音だったのか確認したくなりますよね。後ろから情報が入ると、気になってしまい集中力が保てないのです。

部屋の出口が見えること

ドアの開け閉め、人の出入りは気になるもの。ドアの音が聞こえたら、一度振り向くことになってしまいます。

ドアが見える場所にあるのが理想ですが、難しい場合は、ドアを開けっ放しにして音が出ないようにするのも一つの手です。

この2つ以外にも、

  • 電源が多く設置されていること
  • 左側に窓があること(右利きの場合)
  • 収納が多いことなど

理想のリビング学習スペースを作るには、細かなポイントがたくさんあります。でも、集中力の維持に焦点を当てると、この2つが大事になってきます。

上記のポイントを踏まえて、【1】【2】のレイアウト例を見比べてみましょう。

リビング 勉強机 配置
リビング 勉強机 配置

1番のように、壁に机をつけて、壁に向かって勉強する配置。

省スペースで見た目もスッキリしているので、取り入れられやすいのではないかと思います。でも、矢印で示した通り、背後や人の出入りが気になって、集中力が続かなくなってしまいます。

また、この配置でありがちな悩みは、机の上が物置化してしまうこと。人の動線上にあり、食事の時には邪魔にならないので、つい物を置いてしまいがちになります。

そうなると、学習スペースではなく、物置スペースとして活用されることになってしまい、リビング学習が定着しません。

2番は、テレビやソファに近づいていますが、背後が壁で、人の出入りが見やすい配置です。

2つのポイントをしっかり抑えていますね。机だけだと見渡しがよくなり、机に本棚などを設置すれば、ほどよく仕切りができて個室感も作れます。

背後に収納棚を設置すれば、教材などもまとめて置くことが出来るので、さらに勉強しやすいスペースになり、リビング学習が定着しやすくなります。

コンセントの数を増やすことはできなくても、たこ足コンセントを追加して電源を増やせば、パソコンや携帯の充電、照明の設置もできるので、年齢が上がってからも活用しやすくなりますよ。

あらかじめ、スタディスペースや家事スペースがある部屋だと、もっと理想的な配置ができるかもしれません。

でも、特別なスペースがない部屋も、工夫次第で理想に近づくことができますよ!

リビング学習で選ばれている机5選!食事テーブルとは別が鉄則

リビングで集中して勉強するには、学習机を設置することが鉄則です。

食事テーブルと一緒だと、親が宿題をみるには楽なのですが(家事導線やスペース的に)、子供が集中力を維持するのが難しく、リビング学習が定着しません。

そこで、リビング学習におすすめの机をご紹介します。お家のリビングにピッタリなものを見つけて、子供が集中して勉強できる環境を整えましょう。

ACTUS KIDS COLLECTION vario

ACTUS KIDS COLLECTION vario
(出典:https://www.actus-interior.com/actuskids/collection/vario.html

カリモク家具 ボナ シェルタ

カリモク家具 ボナ シェルタ
(出典:https://www.karimoku.co.jp/gakusyu/buona_scelta/bu_desk.html

ニトリ 天板昇降デスク(メルシーMBR)

ニトリ 天板昇降デスク(メルシーMBR)
(出典:https://www.nitori-net.jp/ec/product/6541670-6710012/

無印良品 オーク無垢材デスク(引出・足元棚付)

無印良品 オーク無垢材デスク(引出・足元棚付)
(出典:https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4550182009354

ベルメゾン タモ材の学習机

ベルメゾン タモ材の学習机
(出典:https://www.bellemaison.jp/ep/srvlt/EPFB00/EPFB0005/dProdDtlShow?BELN_SHOP_KBN=100&KAT_BTGO=C58714_292_2019_C&SHNCRTTKKRO_KBN=03&KIKK_HBN_HYJ_KBN=t

ほどよい仕切り、組み合わせ自由、コンパクトなサイズ感(奥行50〜60cm)が、リビング学習の机として選ばれています。

いかにも学習机というものではなく、大人でも使えるようなものが人気です。幅や奥行きなどのサイズが合えば、学習用として売られていないテーブルを学習机にしてしまうのもあり。

むしろその方が、学習机の括りで探すよりも選択肢が広がるので、より良いものが見つかるかもしれません。

まとめ

先ほどご紹介したレイアウト例は、友達のリビングのBefore→Afterです。子供はまだ低学年。

配置を換えるまでは、自ら宿題をすることは少なく、宿題を始めても、つきっきりで見ていないと、すぐに違うことをしていたようで…。でも、配置を換えたら「秘密基地みたい!」と大喜び。

個室感が気に入ったのか、自ら進んで机に向かうようになったそうです。友達は、まずそのことに感動していました。低学年のうちは、自ら机に向かうという習慣をつけることが大事なんだと思います。

1人で宿題ができるようになるのは、それからですよね。私も子供が小学生になる頃には、この配置を参考に、リビングを見直して学習スペースを作りたいと思っています。