イソジンのうがいの回数は?効果的なやり方のポイントは?

季節の変わり目、風邪をひきやすい時期ですね。乾燥していると喉がイガイガしてきたり、痛くなってきたり…。

そんなときはうがいをして喉を湿らせるのがおすすめです。そしてうがいのお供といえば、イソジン!

あの濃い茶色の一見まずそうな液剤ですが、風邪菌予防には打ってつけなんですよね~。

私は小さい頃、あの色が苦手でイソジンを使えませんでした。(笑)喉が弱く、よく喉風邪を引くので、今では重宝しております。

でもイソジンって1日何回使えばいいの?正しいうがいの方法は?注意するポイントは?など分かりますか?私は分かりませんでした!

せっかくなら正しい方法で効果的に使いたいですよね。そこで同じ疑問を持ったあなた!

この記事でその疑問を解決しましょう。ぜひイソジンを効果的に使用して風邪を予防してくださいね。

イソジンでうがいをするときに一番効果的な回数はあるのか?

イソジンの添付文書には「1日数回うがいしてね」とあります。

1日数回ってつまり、何回なのでしょうか?まずはその疑問を解消していきましょう。

うがいは1日何回と決めてガラガラするよりも、シーンに合わせて行うことが大切になります。

例えば、「人混みに出かけた後」「外出から帰宅したとき」「病院に行った後」「口の中や喉が乾燥でイガイガするとき」などです。

これらのシーンは人により回数が様々なので、1日数回となっているんですね。

基本は「家の外に出て、帰ってきたらイソジンうがいをする」、と習慣づけるのが良いです。

喉がイガイガしている時などイソジンでうがいをするとスッキリしますよ~。私もよく頼りにしています。

他の目安としたら、口臭除去が必要な時に、うがい薬でうがいをするのがおすすめですよ。
口臭除去もしてくれるなんて優れもの…!

私もそうですが、私の同僚は、大事な会議の前や接客の前などにもうがいをしていますよ!お客様と対峙するのであれば、隠れた必須アイテムなのでおすすめです。

1日の自分の行動を振り返ると、意外とうがいするシーンってありませんか?

実際にうがいをするときに注意したほうが良いポイントは?

うがいは1日何回というより、シーン別で使う人さまざまなもの、とわかりましたね。では、正しいうがいの方法、注意するポイント、を紹介します。

正しいうがいの方法

  1. うがい薬を水で正しい濃度に薄めます。
  2. 口の中に残った食べかすなどを取り除きたいので、強めにぶくぶくしてから吐き出しましょう。
  3. うがい液をもう一度口に含み、上を向いて15秒ほどガラガラうがいをします。
  4. うがい液を再び口に含んで上を向き、のどの奥までうがい液が届くように15秒ほどガラガラうがいをして吐き出します。

以上が正しいうがいの方法なんです!

15秒もガラガラうがいを2回もするなんて、私は知りませんでした…。次のうがいから実践します!では続いて注意するポイントをご紹介!

うがいをする時に注意するポイント

うがい薬を正しい濃度で薄める際の注意点

うがい薬を薄めるときは正しい濃度にしないと、せっかくのイソジンも無駄になってしまいます。
イソジンは2~4mlを水約60mlで薄めることとなっています。

おおよそイソジンの1~2メモリが2~4mlの目安です。面倒ですが、始めはしっかり量って作るのがおすすめですね。濃さを見て覚えたら、作るのも楽になりますよ~。

ブクブクうがいの注意点

ブクブクうがいでの注意点は、口から溢れないようにすることです。ご高齢の方や、小さいお子様がうがいをするときは、見守ってあげるのがいいでしょう。

口の筋力が未発達だったり、逆に衰えていたりすると、思ったようにブクブクうがい出来ないんですよね。口の端からピューっと出てしまったり、小さいお子様は遊び始めたり…。

また、口の中の食べかす等をしっかり除去することが目的ですので、しっかりブクブクうがいをするようにしましょうね。

ガラガラうがいの注意点

ガラガラうがいの重要な注意点は、誤嚥です。イソジンは消毒液ですので飲みこむのは、やはりあまり好ましくありません。高齢者や小さいお子様はもちろんですが、成人の方も注意が必要です。

私も「さあ~、うがいするぞ~」と意気込んで上を向いてガラガラうがいをしたら、誤って飲み込みそうになりました。本当に注意です…、焦ります…。

この場合、上体が後ろにのけ反っていると誤嚥しやすいので、上体はまっすぐか少し前かがみでうがいをしてみてください。

また、薄め液とはいえ、目に入らないように注意してください。なので、うがいをするときは、目をつぶってガラガラうがいをするのがおすすめですよ。

ガラガラうがいをするときは「おぉ~」と声を出しながらすると、尚のどの奥に届きやすくなります。「あぁ~」とする人が多いですが効果的なのは「お」の口です。

まとめ

いかがだったでしょうか?意外と知らない正しいうがいの方法、イソジンの使い方ありましたか?あなたから、周りの人にも教えてあげてみんなで正しいうがいを実践しましょう!

ガラガラ楽しく、風邪、病気のない素敵な日々を過ごしてくださいね!